タグ:食べ物

今日は夕方のレッスンに行く前に寄りました・・・。

底肉探しのための牛丼店にです。

暮れなずむ街の 光と影の中
わずかな仕事の空き時間に
私は近所のもう一軒の牛丼店を目指しました。



店に入りカウンターに座ると、女性の店員さんが接客をしていました。

恐る恐る・・・

「あの・・・裏メニューで底肉はやっていますか??」

すると・・・!!

「あ、はい。肉とご飯が逆なやつですよね?」

「・・・・・はい!」
「特盛でも出来ますか??」

「出来ますよ♪」

探し求めていた物があるとのことで、自然に顔がほころんでしまいました。
店員も注文を厨房に入れていましたが、出てくるどんぶりを他の店員も覗き込んでいました。

そして、注文を取った人とは別の女性の店員が配膳をしてきました。

「お待たせしました。牛丼特盛の底肉です」

「・・・・おおお!!」

本当にご飯しか見えない!!

イメージ 1


一見、ただのご飯です。
しかし、


ご飯を箸でほじくっていくと・・・

イメージ 2


中から牛肉が出てきました!

食べた感想は・・・

ご飯が上にのっているため、食べ始めは「つゆぬき」の感覚。そして、食べていくうちに「つゆだく」も味わえるという、一食で二度おいしいという具合です。

どんぶりが運ばれてきた瞬間、私はどんぶりを覗き込みながら笑ってしまいました。
はたから見たら、単なる変な人だったことでしょう。

だけど、なんで牛丼一杯に一人でこんなに盛り上がってるんだろう・・・^^”

この「底肉」
お店は・・・「す☆家」
です!!

 
そういえば、以前、下記リンクの牛丼屋でバイトをしていたことがあります。
 
バイトをして知ったことでしたが、Y野家では、裏メニューがあります。
その裏メニューがニュースになっていました。
 
 
商品化されるその裏メニューとは・・・
 
「頭の大盛り」
 
大盛りでご飯を少なめにという意味のものです。
私は、頭の大盛りが好きなので、しょっちゅう、「頭の大盛りください」と注文します。
ご飯を少なめにしてもらうこの注文法。
実は大盛りだけでなく、他のサイズでも可能です。
 
並でご飯少な目にするときは・・・・「並軽いのをください」
と言えば、並盛でご飯を少なめにしてくれます。
 
ちなみに、「頭の大盛り」とは、肉は大盛り、ご飯は並盛での量になっています。
さらに、「特盛」でもご飯を少なめにして注文をすることが出来ます。
 
「頭の特盛」
 
ただ、特盛を頼む人は、それなりにご飯も多く食べるので、バイトをしていた時にこの注文を聞いたことはありませんでした。特盛を注文するときに、「頭の・・・」と言うのは結構勇気が必要かもしれません^^。
 
あと、裏メニューで定番なのは・・・
 
「つゆだく」
「つゆぬき」
「ねぎだく」
「ねぎぬき」
 
です。
「つゆだく」はタレを多めに、「つゆぬき」はタレを少なく。
「ねぎだく」は玉ねぎを多めに、「ねぎぬき」は玉ねぎを除く。
 
厨房もやっていた経験からすると・・・
「つゆだく」よりは「つゆぬき」
「ねぎだく」よりは「ねぎぬき」
の方が手間がかかります。
 
特に、「ねぎぬき」の場合は、肉を盛った後にピンセットで玉ねぎを一つずつピンセットで取り除くのです。
昼などのピーク時に、
「つゆぬき、ねぎぬきでお願いしまーす♪」
と注文が来ると、肉盛り係りはかなり大変になります。
 
「つゆぬき」の注文が入ると、厨房でタレを切っている光景が・・・
「ねぎぬき」の注文が入ると、どんぶりを真剣に覗き込んでいる光景が・・・
 
「つゆぬき・ねぎぬき」の注文が入ると、お兄さんがイライラしている光景・・・
 
を客席から見ることが出来るかもしれません^0^。
 
「つゆだく」の注文は比較的多くあるのですが、「つゆぬき・ねぎぬき」を注文する客が来ると、内輪では「あの客、なかなか通だな・・・」という会話もしていたものです(笑)。
 
かつて私がバイトをしていたY野家は、巣鴨地蔵通りに入ってすぐにあった巣鴨西店。
通称「すがにし」
 
現在、その店はその場所にはありません。
どこに行ったのでしょう。撤退してしまったのかな・・・。
 
ということですが、「頭の大盛り」は結構お勧めです!!

バッファローウィングスを作ってみました。
妹から教わったレシピでの挑戦。

バッファローウィングスは、アメリカニューヨーク州のバッファローが発祥だそうです。骨付き鶏肉をスパイシーソースで味付けをする1品です。

ネットで検索するとレシピを探すことが出来ますが、今回は、妹が何度も試して至ったというものなので、詳細は秘密です(笑)。


イメージ 1



使用した調味料群です。

スパイシーソース
パプリカ
レッドペッパー
ガーリックパウダー
などなど

写真左のブルーチーズは、ウィングスにスティックセロリを添えるのですが、セロリにブルーチーズを付けて食べるものです。とても美味しいです!!


まずは、鶏肉に小麦粉を付けます。
小麦粉にも調味料を入れて味を加えています。

イメージ 2


スパイシーソースもボトルのそのままの味だと辛いだけなので、うま味を出すために調整します。私が加えたのは、ケチャップ、黒胡椒、はちみつ。(ありゃ、レシピ書いちゃった^^)

全て目分量です^^

そして、鶏肉を揚げて、作成したソースを絡めれば出来上がり。

イメージ 3


結構辛いですが、私はこれが大好きです。
なぜか、一緒にコーラが飲みたくなります。
きっと、これでお酒でも合うでしょう。

調味料はざっくりで良いので味見をしながらで良いので、比較的お手軽な料理です。

先日、ジンギスカンの食材をいただいたので、昨日の夜はさっそく作ってみました。


まず、野菜をバシバシ切っていきます。

イメージ 1



使ったのは、玉ねぎ、もやし、ニンジン、キャベツ、ジャガイモ、ピーマン、かぼちゃ。


作り方も教わったように、プレートで・・。

イメージ 2



火が通り始めたところで混ぜていきました。

イメージ 3




それから、芋のもちも投入!

イメージ 4


結構、量も沢山になってしまいましたが、完食でした。
茨城ではあまり食べることがありませんが、とてもおいしいですね。

この~み なんの実 気になる 気になる
みたことも~ない 実ですから

・・・



イメージ 1



昨年の夏、いただいた鉢を今年になってから地植えにしました。

これは、ヒマラヤのトマトの木です。

木の高さは、現在私の背と同じくらい。
一枚の葉が大きいものはA4くらいあるのもあります。



冬は、屋内に置いていましたが、葉っぱが全て落ちてしまいどうなってしまうことかと思いました。
しかし、春になるとちゃんと芽が出てきてくれました。
日本のトマトは1年で苗は枯れてしまいます。しかし、これは「木」ですので多年というわけですね。


このトマトは、聞いた話によるとイタリアントマトのような感じの実がなるそうです。

今夏、初めて実がなりました。
写真のようにまだまだ小さいですが、2房あります。1房に実が10個以上付いていますから、順調に大きくなったら楽しみですね。

私はこのヒマラヤのトマト、まだ見たことがありません。

とても楽しみです。

↑このページのトップヘ