タグ:整体

皆さまこんにちは。

いよいよ夏本番ですね。
暑さに負けないようにしていきましょう。

今回は、音楽習慣、生活習慣とは、という部分について。

簡単に挙げると以下です。
★音楽習慣
 ○楽器を演奏する時の姿勢、身体の使い方
 ○楽器を演奏する前後の身体のメンテナンス

★生活習慣
 ○普段の姿勢や身体を動かすこと
 ○睡眠環境
 ○身体に必要な栄養

項目だけを挙げると以上ですが、これって生活の全てなんですよね。

どこか身体が具合が悪くて、病院に行く人は多いと思います。
いや、日本では本当に多い。。。

どこか痛みがあるとすぐに「病院」という人もいるかもしれません。

病院に行ったとき、はっきりとした病名を診断されていますか?

こんなデータもあります。
元気な人と病気の人の割合です。

元気な人 → 15%
病気の人 → 5%

おおよそこの位の人が病気。
年代はランダムなので、年代別に見たら割合は変わってくるかと思いますが、残りの80%の人は?と思いますよね。

これは元気でもなければ病気でもない人です。
たとえば、肩が痛い、腰が痛いという症状から、だるいとか頭痛など様々な症状を持っているけれども、いざ病院に行ってみると痛み止めの薬や湿布を貰ってくるという症状。
そういう場合は、お医者さんから生活習慣気をつけましょうね、と言われる場合。

これは「未病」と言われる状態です。
東洋医学に触れた事のある方はこの言葉を聞いたことがあるかもしれませんね。

この場合、放って置くとそのうち病気になってしまうリスクが高いとされています。

お医者さんに言われてしまった生活習慣。

上記の事を改善する必要があるのです。
なぜかというと、生活習慣が乱れていると背骨や骨盤に歪みが生じます。

イメージ 1

この歪みを放置した影響で身体から黄色信号が灯ったとき、未病の症状が表れてきます。

次回は、生活習慣の中身について触れていきますね。

皆さまこんにちは。

今日は習慣について。
カイロプラクティックでは、私は楽器をしている方を主にケアしているので、音楽習慣と生活習慣の両方について考えてみたいと思います。

音楽習慣と生活習慣と書きましたが、音楽を、仕事または趣味としている人にとっては「音楽すること」そのものが生活習慣の一部と言って良いと思います。

話を分けて触れていきたいと思いますが、ここでは「習慣」が身に付くか
付かないかについて。

音楽レッスンやカイロのケアをしていると、指導されたようにご自身できちんと出来る人と出来ない人とに分かれてきます。

音楽でいうと、基礎をきちんと見直しながらの練習。

カイロで言うと維持、予防の部分。

これを、なんとな〜くやっている人と、きちんとやっている人では、数カ月後、数年後に大きな差となって表れてきます。

これって、楽器の練習やカイロのケアださでなく他の事でも同じ事が言えると思います。

ダイエット、勉強、さまざまな習い事などなど。

私たちは、方向付けをしてきちんとやるという心がけがないと、楽な方に自分を持っていきがちになります。

そりゃあ、確かに楽な方が良いと感じますよね。

お菓子食べながらソファに座り好きなテレビでも観てるのって楽ですもんね。

しかし、実は、これってその場の楽を求める気持ちで、長い目で見た「本当の楽」からは遠ざかっていってしまいます。

そう、習慣を身につける時って、結構辛いと感じるかも知れません。

私たちは常に快い方を求めています。
ここで習慣についてランク分けをしてみます。

全部で4段階です。

1、知識的に知らないし、出来ない。
2、知識的には知ってるけど、出来ない。
3、知識的に意識していると出来るしやる。
4、いつの間にか出来ちゃってる。

この内、1と4は、心地良いと思います。
1よ場合は、何にも考えないし何もやってないからストレスがありません。
4は、先天的に出来てしまってる人もいるかも知れませんが、大抵は習慣化に成功して自分のものに出来ている人。

で、2と3の人は、ストレスがあると思います。
ギターを練習しないといけない、とか、一日このくらいやるなど、ノルマを課すかのように行なう。
身体の予防、維持も同様で、先生から言われたからやらないといけない、とか、ダイエットなら何キロ痩せたいからやる、など。

こういったストレスのある状態だと、不快な環境から快い環境に逃げようとします。

そういう時に、言い訳が出現します。

「時間がない」「忙しい」「お金がかかる」
などなど。

もっと言い訳の上手い人は、「自分の事だから自分のやりたい時にやる」というような、いつの間にか他人に非があるかのような論理になる事もしばしば。

何かストレスがかかった時に、言い訳をして快いほうに行こうとしてしまうのですね。

4の出来ちゃってる人は、地道に2や3を乗り越えて、4に達する事がほとんどです。

先日、レッスンで「勉強をしていて疲れてきた時にギターを弾いてリセットしてます。中学の頃までは練習しなきゃという気持ちでしたが、今は変わりました」という学生がいました。

この子は、小さい頃からレッスンで私から「練習してね」という事を散々言われてきましたが、ついに4に到達出来たと言う事です。

また、趣味の山登りなどでもギターと共に出掛ける方もいますが、それも4に到達している良い例ですね。

習慣化が上手くいくと、生活の一部になるので意識しなくても溶け込んでくるのです。

カイロで指導する体操、栄養、睡眠も身体のケアとして必要なもので、施術で必要だと指導した時にきちんと実行してくれる人としない人では、数カ月後、数年後に大きな差が出来ていくことを結構目にしています。

楽器やカイロ、また、ダイエットはじめ、その他のどんな趣味でも4に到達出来るように心がけて地道にいきましょう。

↑このページのトップヘ