タグ:その他文化活動

前回は時間のことについて思い出したことを書きましたが、今回は数字での話でもチップのことに触れてみたいと思います。
 
アメリカでレストランやカフェに行くと、当然のようにチップを払います。
ガイドブックなどでは、よく、10%や15%のチップを置けばそれで良いと記載されていることが多いように思います。
 
しかし、現実は・・・・。
日本食レストランで手伝っていたこともあるので、チップの事情は大分分かるようになりました。
チップのことは知れば知るほど奥が深いものでした。
 
チップはウェイター・ウェイトレスに支払うものです。彼らは、収入のほとんどがチップから成り立っています。時給もあることはあるのですが、金額で言うと100円や150円程度というものなので、チップを得ることが非常に重要な割合を占めています。私がいたころは20~25%が相場でした。
まず、渡航してアメリカでお店に入った時に、注意して見ていると気が付くかもしれませんが、日本と違うことがあります。それは・・・
 
日本のレストランでは、私たちのテーブルにはどのウェイトレスも来てくれる。
アメリカでは、特定のウェイトレスしか来ない。
 
ということです。
私もシステムを知らない頃はそうでしたが、店に入ってから、そこら辺を歩いているウェイトレスならば誰でも関係なく、呼ぼうとしていました。しかし、なかなか自分のテーブルに来てくれません。
「サービス悪いなあ!!」と思うこともありましたが、そこには理由があったのです。
 
彼らには、自分たちの受け持つテーブルが決められているのです。
もちろん、アメリカ人の客はそのことを当然知っています。
そういったことは、慣れない人にはちょっと分かりにくいかもしれませんね。
だから、自分のテーブル担当ではないウェイトレスに「すみません」と声をかけても、素通りされ、奥に行ってから担当者に「あのテーブル呼んでたよ」と知らせます。担当のウェイトレスが忙しければ来てもらえるのは遅くなりますが、他のウェイトレスは手が空いていてもほとんど来てくれることはありません。
 
彼らは、自分の担当テーブル以外のチップはもらえないからです。
では、自分のテーブルの担当は誰なのか・・・。
普通は一番初めに注文を取りに来る人が担当となります。
 
そして、担当になった人は、とにかく愛想を良くしてサービスをしようとします。
 
これは、担当者に声をかけたときと担当ではない人に声をかけたときの対応の違いで分かりますが、はっきりと言って、その違いはかなりのものです^^
 
では、ここからはまた次の記事で^^

思いついた数字の話があるので挙げてみます。
 
 
時間について
 
日本とアメリカでは時間の感覚が違うことがあります。
帰国していまだに気になってしまうことがあるので、そのことについて。
 
電車に乗っていると、様々な理由でダイヤが遅れて乱れることがありますが、例えば28分遅れたときなど、車内放送などでは、「約28分程遅れます」と案内が流れたりします。
 
この「約28分」という表現・・・。
 
皆さんはどのように感じるのでしょうか。
私は、「約」というならば、ざっくりと・・・
 
「約30分」
で良いのではないかと思ってしまいます。
しかし、なぜ、このように細かく言わなければならないかもなんとなく分かります。
日本の電車の場合は、乗り換え電車の接続のことも考慮しながらダイヤが組まれていると聞いたことがあります。ですから、1分のダイヤの乱れでも影響の出る人がいる可能性があるからです。
 
アメリカの場合は、10分遅れようと1時間遅れようと、遅れることが分かったら、掲示板の示す到着時刻と発車時刻がカシャカシャと変わるだけ。その横に、「delay」と表示されるのみです。
 
もちろん、「申し訳ございません」というようなアナウンスは聞いたことがありません。
カウンターに行って質問しても、掲示板を見るように指示されるだけです。
おおらかといえばおおらかで良いです。。 慣れれば・・・。^^
 
そんななので、今では私は、電車の時刻には無頓着で駅で走ることはほとんどなくなってしまいました^^

このブログはご覧のように毎日は更新していません。


ギターのことを中心に、音楽のことや自分が考えたり思ったりしていること、さらには自分の趣味とか生活の一コマなども書いたりしています。

専門のギターのことだけにしてしまうと堅苦しいかなとも思うからです。

そんなこともあって、この方針は今後もおそらく変わらないと思います。


特に内容について誰からか注意や忠告などを受けたことはありませんが・・・


あるとき、




「ギターを趣味でやっているおじさんのブログかと思った。」


との言葉。

これを言ったのはもちろん生徒さんではありません^^



確かに、色々な話題がある方が面白いかなと思いながら書いています。
文章も得意ではないので、表現が変な箇所もあるかもしれません。


しかし、、、



おじさん・・・・


しかも、さらに言われたのは、

「やけにギターに熱の入ったおじさんに見える」



ええ~、本当の話?



と思いますが、確かに言われてみると、見ようによってはそう見える気もします^^


ということで、音楽ネタを少し増やしてみようかなとも思います。
そこで、ご希望の内容がありましたら是非リクエストください。

ゲストブックで書き込んで頂いて構いません。ギターのことについてのリクエストお待ちしています。

ただ、


書ける内容でお願いします^^

書けない事は書きません^^

イメージ 1

ボルチモアに住んでいたときのルームメイトが台湾から来日し東京に滞在しているので、会ってきました。

東京国際フォーラムで行われている、音楽フェスティバルでオーケストラのメンバーとしての来日です。彼女はバスーン奏者。彼女の友人でハーピストも一緒になってコンサート後街に繰り出しました。そのハーピストもピーボディ音楽院出身。

ボルチモアでいつも一緒にいた仲間と東京で会うのは、なんだか変な感じがします。

オーケストラは「展覧会の絵」を演奏しました。


ゲームを欲しがっていたので、秋葉原でwiiを探しましたが見つからず、あきらめてお好み焼きを食べに。漢字だと「大阪焼」と表現するんですね。知りませんでした。

いろいろとショッピングもし、完全に観光ガイド状態。最後は「マツモトキヨシ」でカゴいっぱいにクリームや、化粧品類を買って一日が終わりました。商品はもちろん日本語表記なので、解説をすることになってしまい、こんな商品があるのかと感心してしまいました。


彼女たちは明日は早朝から、築地に繰り出すようです。うらやましい!築地はおいしい寿司がありますからね。

こちらは明日から「ギター文化館ギターフェスティバル」です。

↑このページのトップヘ