カテゴリ: 音楽全般

英語は、私は渡米当時いろいろと大変でした。 勉強が足りなかったと言えば、そこに尽きるのですが・・。 しかし、この動画は英会話で壁にぶつかっている人向けに挙げてみました。 私の経験から話していますが、何かの参考になれば嬉しいです。

ギター弦の交換の仕方を動画でアップしました

https://youtu.be/Sz4bwm0SIek

 ギターのコツ1として、ビブラートのことについて動画を作ってみました。
宜しければ見てみてください。

https://youtu.be/yYO00a93JdE

14日に茨城県は非常事態の対象から外れました。
これは素直に良いことだと感じます。
しかし、ウィルスが撲滅されたということではなく、ステージ4からステージ3に移行したという範囲で活動を再開していくことになります。
ステージ3は、4とほとんど変わらないので、同等に自粛ですね。

茨城県の場合は、この状況で進めば25日にステージ2への検討を行うと報道されています。

さて、このステージの内容、報道で出ていますのでご存知の方は多いかと思いますが、茨城県のHPを以下に貼り付けます。
https://www.pref.ibaraki.jp/1saigai/2019-ncov/stage3.html

こうしてみると、教室を再開するのはステージ1になってからが妥当と考え、順次ご連絡をさせて頂こうと思います。
ただし、当教室は5月末まで休講としていますので、6月からの再開についてのご連絡ということになります。

収入面や、気持ちとしてはもう再開したいと思うのですが、もし、生徒さんに感染が出てしまう事があれば大変なので、その点は自治体の方向性に出来るところまで沿っていきたいと思います。

オンラインレッスンは思っていた以上に良く、遠方からもご希望を受けていますので継続していきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします。

ゴールデンウィークも終わり、普通ならば通常の生活に戻っている、と言いたいところですが、新型コロナの影響で生活スタイルはガラリと変わりました。

コロナ前と後では生活の仕方はガラリと変わるのは予測で来ていたことですが、当教室ではオンラインレッスンは5月から始めています。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
現時点での当門下の各所のレッスン状況をお知らせいたします。

茨城県
佐貫、阿見、石岡はオンラインレッスンに移行中。

茨城県
ミュージックプラントでのレッスンはオンラインレッスンに移行中。

東京
現代ギターGG学院での私のクラスは、オンラインレッスンへの移行は完了しレッスン実施中。
アウラ音楽院での私のクラスは5月末まで休講。6月からオンラインレッスン。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

東京都と茨城県は、5月末まで移動自粛の要請が出ています。
しかし、状況をよく考えてみると、制限が解除されたとしても「3月頃の状態に戻る」と認識する方が良いと思われ、今後も不要不急の外出は、まだ控えなければならないと思われます。

コロナの波は大なり小なり繰り返されるのではないかという懸念もありますので、通常のレッスンは慎重に様子を見ながら再開する必要があると考えています。


通常レッスンをいつから再開するかが一番の悩みどころですが、オンラインと通常レッスンについては以下のような点で考えていきたいと思います。


・収束については先が読めない状況のため、オンラインレッスンを推奨。
・緊急事態宣言解除後でも、3密を避ける要請が出ている場合はオンラインレッスンを推奨。
・状況により再開しても不安が少ないと思われたレッスン場から通常レッスンを再開。
・通常レッスンについては、健康な方(現役世代・お子さん・持病のない方)から再開。
・状況に不安が出れば、速やかにオンラインレッスンに戻す。



社会生活がガラリと変わった今、通常レッスンとオンラインレッスンのどちらでもいけるという柔軟なやり方が、音楽を楽しむためのコツとなっていますので、よろしくお願いいたします。


これは、5月9日時点での考えですので、状況が変わってくれば検討を重ねていきたいと思っております。


そして、毎年9月に行っている教室発表会ですが、今年は9月21日(月・祝)に会場を予約しておりました。
しかしながら、当面の間は3密の状況を作らない方が良いと思われるため、会場予約を取り消し今年のホールでの発表会は実施いたしません。15回目という節目の発表会のはずでしたが、来年開催出来ますことを心から願っております。

なお、Zoomなどオンラインでの演奏の場は何か出来たらと模索していきたいと思います。

現時点ではこのような方向で考えていますので、どうぞよろしくお願いいたします。



↑このページのトップヘ