今日は当教室の第14回発表会でした。

ソロ、重奏、合奏とありましたが、皆さん、とても良い演奏だったと思います。

ミスは多少なりともあったりしますが、最後まで弾ききるのは、ご本人だけが感じることの出来る達成感と成長があると思います。

お子さんたちも、頑張って演奏しました。
学校ではなかなかないことですが、色々な世代の聴衆の前に登場し、演奏して舞台袖に戻るまで、親や友達の力を借りることもなく、自力でやり切らないといけません。

演奏後の子供たちは、文字通りひと回り大きく成長するのが感じられます。

今回のゲストは長唄三味線の杵屋浅吉さん。
DSC_1268~2

同じ撥弦楽器同士ながら、異なる歴史と演奏スタイルで共演することは、ギターだけでは得ることの出来ない感性を呼び起こしてくれます。

プログラムも約100枚用意しましたが残りませんでした。

多くの方にもご来場頂き、どうもありがとうございました。

また色々な曲をやっていきましょう!