茨城県石岡市のギター文化館でARCタンゴトリオのコンサートを行いました。

今日7月9日は、アルゼンチンの独立200周年。
そして、今月はARCの旗揚げ公演から数えて5周年という時期です。

私たちARCの旗揚げ公演は、本来ならば2011年3月13日に行う予定でした。
しかし、同年3月11日に東日本大震災が発生してしまったため、7月に延期となった経緯がありました。

あれから5年経つんですね。

今日は、ケーナの渡辺大輔さんとコントラバスの稗田隼人さんをゲストにお迎えしました。
前半は、ARCのメンバーのみで、後半はゲストのお二方をお迎えした形で演奏していきました。
イメージ 1

今日の曲目は以下です。

前半
・ラ・クンパルシータ
・淡き光に
・軍靴の響き
・ジーラ・ジーラ
・エル・チョクロ
・枯葉の散る頃
・スール
・カミニート

後半
・コンドルは飛んでいく
・アルフォンシーナと海
・閉じられた彼女の瞳
・花祭り
・灰色の瞳
・7月9日
・エル・エスキナーソ
・リベルタンゴ

イメージ 2

後半の曲目をご覧のとおり、フォルクローレがありますので、1年ぶりに私のチヤランゴも出動!!
コンドルは飛んでいくと花祭りでチヤランゴを弾いてみました。
イメージ 3

チヤランゴを演奏する際は、座らずに立って演奏した方が曲に入り込みやすいです。

しかし、コンドルを演奏した時に、楽器が滑って下がっていってしまうことに気が付きました。
リハの時は半袖だったので滑らなかったのですが・・。

ですので、花祭りの演奏では、右手は一時的に腕まくりをして弾きました。
ギターだと服で腕が自在に動けるようにしておいた方が演奏しやすいのですが、チヤランゴだと楽器が滑り落ちてしまうので、工夫をする必要があります。
腕をまくって楽器が滑らないようにしたので、弾きやすくなりました。
イメージ 4

私がチヤランゴの時は稗田さんがギターを演奏しました。

そして、灰色の瞳では、啼鵬さんがコントラバスを弾いて、稗田さんがギター。
私と稗田さんのツインギターですね^^

啼鵬さんのコントラバスでも一緒に演奏して、貴重な時間になりました^^
イメージ 5

演奏者の目から見てもバラエティに富んだ舞台で、勉強にもなり楽しくもありました。

ご来場いただいた皆様、CDをお買い上げいただいた皆様、どうもありがとうございました!!