栃木県那須塩原市で、画期的な条例が生まれそうです。

莫大な数の離婚が毎年成立していますが、そんななかに置かれた15万人もの子供が非監護親と会うことが出来ない環境にさらされています。

子供は両方の親の愛情のもとに養育、成長をする権利を有しています。ところが、年間、15万人も片親に会うことが出来ない状況が発生しているのです。

日本は、国際的に定められている「子供の権利条約」に批准していますが、実態としては、国内ではほとんど効果が発揮されていません。

そういう状況の中、那須塩原市で、「子供の権利条例」が出来そうなのです。

イメージ 1


子供は、たとえ親が離婚したとしても、両方の親から十分な愛情を受けなければならないことは言うまでもありませんが、この条例で何が画期的なのかというと、権利を侵害した者に対して責任の追求も可能になるということです。
これは、大人個人だけでなく関係機関の者も対象になりえるということ。

それから、つい最近、衆議院議員会館で、「親子断絶防止法」を作るための勉強会・講義も行われたようです。

子供にとってより良い環境になることを願ってやみません。