久しぶりにホセ・ルイス・ゴンザレスのビデオを取り出してきて観ました。

中学の頃に買って貰い、当時は毎日のように観てたものです。やはりホセ・ルイスは音が綺麗ですね。



曲と曲の合間にあるインタビューを見ていてなんだかとても面白くなりました。

「デ・ラ・マーサ先生は最高の先生です。なぜなら一度もレッスン代を要求したことがないからです。」

最高だという理由が、、、面白い。。
では、自分はどうかと思ってしまいました。教室の規約を作って管理までしている私はこの法則だと最悪の先生ということだ、、、。

少し考えてからこう解釈するように考えてみました。
ホセ・ルイスが、そういう理由ならば、デ・ラ・マーサはホセ・ルイスのことを、「一度もレッスン代を払おうとしない最悪の生徒だ」と思ってるかもしれない、、。

上記は全て私の空想によるジョークですからね。まじめに取らないでくださいね。


あと、もうひとつ気づいたこと。
彼はタバコとお酒が好きだということ。演奏会でも楽屋でお酒を飲み、舞台にあがっていたというのは有名な話ですよね。

で、ビデオを見ていると、、、

最初の方では普通なのに、最後の数曲は頭と顔が真っ赤になってます。中学の頃は気がつきませんでした。。

きっと、このビデオの撮影中も飲んでたんだ、、。

昔見ていたものを、改めて研究するとたまに新しい発見があり、面白いです。